ホーム 書籍 電子書籍 ジャーナル 参考文献と会報 著者、編集者、レビュー者 A-Z商品インデックス 各受賞

各受賞

熱科学と熱工学における優秀な業績を称えるためのウィリアム・ベゼル・メダル

ウィリアム・ベゼル・メダル

熱科学と熱工学における優秀な業績を称えるためのウィリアム・ベゼル・メダルはIHTC会議の基調講演を行う教授陣の中から、伝熱コミュニティにおいて多大なる貢献をし、熱科学・技術分野で素晴らしい業績を残し、IHTC基調論文が熱科学および熱工学において多大なる業績を残したと判断される個人に授与するために創設されました。

;

2010年8月、最初のウィリアム・ベゼル・メダルがワシントンDCで開催された第14回IHTCで授与されました。2010年の授与に続き、ベゼル・メダル選考委員会の推薦で、4年毎に行われるIHTC会議のスケジュールに合わせて、4年毎にメダルも授与されます。メダルの受賞者は、IHTC会議において基調講演の紹介時に発表され、ベゼル・メダル選考委員会会長またはその指名者によってメダルを授与されます。受賞式はIHTC会議の晩餐会で行われます。

受賞者は、Begell Houseより、(1)メダル、(2)会議登録費を含む、旅費とホテル滞在費用、および (3) 5000ドルの小切手を授与されます。

Read more



抜山記念賞

抜山記念賞

抜山記念賞は、優秀な伝熱研究者である抜山四郎氏の卓越した貢献を称して、日本伝熱学会によって創設されました。抜山氏は沸騰現象の解明に取り組み、現象の全貌を抜山曲線(沸騰曲線)という形で明らかにした先駆的な論文を発表しました。この画期的な研究は1930年代に行われ、当時は伝熱研究は黎明期にあり、抜山氏自身もまだ若く、40歳未満でした。抜山記念賞は、熱科学および熱工学の分野で、2年毎ににおけるおよそ50歳未満の科学者に授与されています。

Read more